« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

銅板とオーブンメーター

Img_0730_2 Img_0803

銅板とオーブンメーター。

やっと銅板を購入しました。我が家のオーブンは下火が弱めで、天板を十分に熱してから焼成しても、特にフランスパンはいいクープが開かなかったのですが、この銅板を使ったら、仕上がりがグンと良くなりました。しかも気泡もボコボコ入って、銅板効果を実感!

Img_0800

そしてオーブンメーターは、オーブンの庫内の温度を測るのに使います。オーブンの予熱がきちんと設定の温度まで上がったか、ピーピーという予熱完了の合図に惑わされずに測りましょう。我が家のは、設定温度よりだいたい10℃くらい低いところで予熱完了になり、その後そのままにしておくと急激に温度が落ちるので、はじめからレシピの設定温度より10℃高い温度でセットします。

自分のオーブンの癖を知ることは、上達の第一歩かもしれませんね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Zopfの講習会に参加しました②

Zopfの講習会に行ってきました。

今日はフランス生地のお勉強です。生地の扱いや成形、クープと山場がたくさん。ひとつひとつシェフからの手ほどきを受けて出来上がったバケットとクッペ。

Img_0797

見よ、この色と艶!パリパリバリバリといい音で囁いていました。クープの入れ方に課題はあるものの、とにかくその焼きたてのお味にそりゃもう感激。クラストは厚めでカリッカリ、クラムはもっちり。パン屋さんのオーブンで焼けるってすごく貴重。

あぁ、おいしい。ずーっと食べ続けていたい。。。

Img_0790

お料理もおいしくいただきました♪

家庭でバケットをうまく焼くのは本当にムズカシイ。家庭用のオーブンではやはり限界がある。でもそれは仕方ない。だっておうちパンなんだから。少しでもプロの仕上げに近づけるように、家庭オーブンで工夫していくしかありません。やっぱり研究あるのみです。

またパン作りの楽しさを再確認した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ahill 銀座+すしざんまい+カフェ シュシュ

久しぶりに銀座のahillのランチに行ってきました。

予約もしてなかったし、映画まであまり時間もなかったのでダメもとでお店を覗いてみたら、ちょうどカウンター席2つだけ空いてました。ラッキー☆

前菜+メイン+ドリンク+パンが基本のコースで\2,000。これに+\800でカリー(これ大好き!)かガーリックライス、+500でデザートもつけられます。今日はこのあとの予定も考えて、デザートをパスしました。(もちろんカリーは頼みました)

■前菜:ズワイ蟹・スモークサーモン・銀杏とポワロー葱の青のりジュレのプレッセ(ズワイガニとねぎ、銀杏をゼリー寄せにしたものをサーモンで巻いてある)

Img_0731   

■メイン:特製ハンバーグステーキ(フォアグラ入りのハンバーグ。ahillの定番です♪)

Img_0732 

■ahill特製カリー(福神漬けも自家製です)

Img_0733_2

最後に紅茶をいただいて。はぁ、今週もおいしいランチでした♪

このあと映画を見て、ぶらぶらと築地へ。あの辺に行くとやたら目につく「すしざんまい」の文字。生マグロがお店の名物なんだって。どれどれ、大トロをパク。中トロをパク。大トロ、中トロ、大トロ、大トロ、赤身、、、とマグロのみ食べ続ける。おいし~。

そしてまたぶらぶらと銀座まで歩いて戻る。お寿司の後って何か口直しが必要よね。。。有楽町マルイ5階のカフェ「カフェ シュシュ」へ。けっこうしっかり食事もできるカジュアルなフレンチレストラン。隣のテーブルに運ばれてきたフレンチトーストがおいしそう。甘いのとサラダのものがあるみたい。あー満腹なのにぃ、でもやっぱりサラダ(チキン)のフレンチトーストと紅茶をオーダー。フレンチトーストは、軽く卵液を染みこませて焼いたトーストはふわもちな食感。その周りに散りばめられたチキンと野菜、ゆで卵がボリューム満点で、ドレッシングも4種類がドンとテーブルに置かれて、好きずきに使えるのも嬉しい。にんじんとはちみつのドレッシングがおいしかった!しかし、紅茶がすごくぬるくて(50℃くらいしかなかった)交換してもらいました。ドリンク類がないがしろになってるカフェは、イマイチですねー。でも店員さん感じよかったし、サラダのフレンチトーストおいしかったので、また行きたいです。

■お店データ

ahill銀座 http://www.ahill.jp/ginza/index.html

すしざんまい http://www.kiyomura.co.jp/index.html

カフェ シュシュ http://www.0101.co.jp/yurakucho/restaurant/860518.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メイプルシフォン風ケーキ レシピ

Img_0719

メイプル系お菓子の第2弾!

とは言っても、中途半端に残ってしまった材料を使い切るために作ったもの。それがそれが、シフォンケーキのようにふんわり軽くてしっとりしたメイプルの甘い風味いっぱいのスポンジケーキになりました。ざざーっと混ぜて焼くだけ。作業はたったの20分程度ですよ。ポイントは、卵の泡立てです。しっかりしっかり泡立ててください。

----------------------------------------------------

■材料(15cm丸型スポンジ型)・・・卵 L玉2個/メイプルシュガー35g+三温糖15g/薄力粉80g/バター40g/メイプルシロップ30g/くるみ30g/栗の甘煮(マロングラッセ)50g/シロップ用メイプルシロップ20g+ラム酒小さじ1(量はお好みで)

■作り方

(事前準備)

①型にクッキングシートをひく。

②くるみを150℃のオーブンでローストする。

③栗の甘煮を粗く刻む。

④バターをレンジで溶かして、メイプルシロップと合わせておく。

⑤オーブンに予熱を入れる。190℃。

(作り方)

①大きめなボウルに卵を割り入れて、軽くホイッパーでコシを切る。メイプルシュガーと三温糖を合わせたものを加え、泡立てる。※見極め・・・白っぽくもったりして、ホイッパーで持ち上げて落ちた生地が表面にとどまって消えなくなるまで。

②薄力粉を振るいながら加え、ゴムべらで切り混ぜする。(絶対に練らない。)

③粉気が少し残るくらいで栗の甘煮とバターとメイプルシロップを合わせたものを加えて、完全に粉が見えなくなるまで切り混ぜする。

④型に流し入れて、トントンと軽く台に打ちつけて空気抜きをする。くるみを粗く砕きながら散らして、予熱が入ったオーブン20分程度焼く。

⑤竹串を刺して、ドロっとした生地がついてこなければ焼けています。焼き上がったら型から出して、熱いうちにメイプルシロップとラム酒を合わせたシロップをうつ。(表面すべてにしっかり塗る。)

※粗熱が取れたらアルミホイルで包んで、さらにラップをかけて一晩置いてから食べるとしっとりしてよりおいしいです。

------------------------------------------------------------

お試しください♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

特大カンパーニュの再現に挑戦!

今年の5月頃に高橋雅子先生のイベントで食べた特大カンパーニュ。そのおいしさに感激して、ずーっと忘れられずにいました。

先日発売された、高橋先生の新書「ゆっくり発酵カンパーニュ」内で、その時のカンパーニュと同じあずき生地のレシピが発表されると知った時から、再現をしてみようと沸々と野望を抱いていたのです!もちろん普通サイズで^^;

そして今日、やっと作ることができました!

Img_0668_2

あずき生地に栗の甘煮、ホワイトチョコレート、コーヒー豆が入っています。甘くて、コーヒーの香りがなんとも良くて、あ~おいしい。

材料はこちら。レシピは「ゆっくり発酵カンパーニュ」P82のアレンジです。カスタニエ50g、ホワイトチョコレート55g、コーヒー豆15g、水はレシピより15gほど多くしました。

Img_0666   

みなさんも、おいしいアレンジができたら教えてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビストロ ツチヤ@中目黒

駒沢通り沿いにある「ビストロ ツチヤ」のランチに行ってきました。

ここ、色んな人のブログで、”ボリューム満点”、”コスパ優秀”など魅力的な評価を得ているので、ちょっと気になっていました。

中目黒から10分くらい歩きます。

ランチコースは、前菜・メイン(共に6種類くらいから選ぶ)・自家製パン(おかわり有)・ドリンク(コーヒーor紅茶)で\1500。安い~!しかもUP料金なしです。

■前菜→ラタトゥイユ 半熟卵添え(手前)と野菜たっぷりミネストローネ(奥)※正式名称忘れました。。

Img_0648

うおーっ、前菜でこの量!ラタトュイユって一皿も食べたことない。。スープも普通にメインになりそうな位の野菜ごろごろ感。どっちともやさしい味でおいしい!個人的にはラタトゥイユ、相当気に入りました。

■メイン→あべ鶏とじゃがいものロースト(手前)と塩漬け豚肩ロースとレンズ豆のソーズ(奥)※これも正式名称忘れました。。

Img_0650

この豪華さにテンション上がりました。鶏は表面がパリッと焼かれている上に、中はやわらかくてジューシー。付け合わせは丸ごと1個のじゃがいもとチンゲンサイ、ブロッコリ。バルサミコのソースもコクがあって良い感じ。かなり私好みの味でした。

奥の豚の方は、うーん、ちょっとパンチのない味。。ソースがレンズ豆そのものの味で、もうひとつアクセントがないと、全部食べきる前に飽きちゃうかも。でもお肉は大きいのにとーっても柔らかくてトロトロでした。

写真ありませんが、パンは自家製とのこと。ふわふわなパン。やっぱりパンはパン屋さんのものにかぎるな~。最後に紅茶を飲んで。お腹パンパンです。頼めばデザートもあります。次回は頼んでみたい。

まとめると、これで\1500はやっぱり安い。でも決して安い料理じゃないです。こういうお店は嬉しいです。お店の店員さんも感じいいですよ。たくさん食べたい方、是非行ってみてください。

■お店データ■

ビストロ ツチヤ

TEL:03-5722-6026 

住所:目黒区中目黒3-22-11

営業時間:11:30~15:00/ 18:00~23:00

定休日:火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高橋先生のイベントに行ってきました。

今日は、高橋雅子先生の著書第3弾「ゆっくり発酵カンパーニュ」出版記念の特別レッスンがcuoca自由が丘店で行われ、参加してきました。

以前、高橋先生の特大カンパーニュのイベントで食べたあずき生地のカンパーニュの味が忘れられず、今回の特別レッスンがそのあずきカンパーニュとあっては、有休を取ってでも参加したいところ。ところが高橋先生の登場となると何でも争奪戦です。今回も限定20席をめぐって申し込みが殺到したようです。(私は運良く電話が繋がりました!)

特別レッスンはデモ形式。工程の説明、発酵や粉のこと、家庭用オーブンでパンを焼くコツなどなど、ためになるお話がたくさん。参加者の皆さんも熱心で、質問もバンバン飛んでいました。

これが完成したあずきカンパーニュ。優しい甘みがあって、みずみずしくてやっぱりおいしい!

Img_0545

切り分けて試食♪高橋先生が焼いてくださった米飴のビスコッティと。

Img_0549

忘れないうちに、家で復習。

■レシピ/ゆっくり発酵カンパーニュP82 ■使った材料/強力粉:リスドォル(100%) 全粒粉:日清フーズ イースト:サフ(金) ゆであずき:cuokaで購入(甘さ控えめ。わりとしっかり粒状) 具:ピーカンナッツ 水:レシピより15g~20g多め 

2分割して、プチカンパーニュにしてみました。焼成前にふりかけるきなこを買い忘れてしまった為、リスドォルで代用。しっとりふっくらおいしかったです。

Img_0553

会場で知人と再会できたり、楽しい一日でした。

cuocaでは随時興味深いイベントが盛りだくさんです。また参加したいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »