« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

Zopfの講習会に参加しました④

【昨日のブログの続き】

朝からZopfのおいしいパンとお食事をいただいた後は、場所を変えてお待ちかねの講習会へ。今日のプログラムはグラハム食パン。

Img_1093_2

グラハム食パンの余り生地でロールも作りました。平たく丸く焼いたしっとりした生地でちょっとスパイシーなチキンとレタスを巻いて。す、すごいおいしい。たっぷりのお野菜と塩豚のやさしいお味のスープと一緒にいただきます。

Img_1086

今日もたーくさん学んで、たくさん笑って、たくさん食べて。楽しい一日だったなぁ。店長と奥さん、いつもありがとうございます。たくさんパワーをもらっています。あと、お友達のみんなもありがとう。この出会いが、明日からの私の力になっています。

また来月もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zopf カフェ&パン

今日は、講習会の前にZopfの2Fのカフェでランチ。カフェには必ず予約してから行ってくださいね。

日曜日の朝、さっそくお店の前には行列が。お店の隣にはカフェへ続く階段があります。

Img_1048 Img_1047_2Img_1051

店内はこだわりいっぱいの暖かい雰囲気。店員さんも感じいいです。さてさて、お料理お料理♪

まずはパン盛り合わせ。見て、この嬉しいボリューム!これ、オーダーしたお料理に合うパンがセレクトされているのです!フィクシングはバジルバターとベリーなど35種類の材料がブレンドされているというジャムをつけてもらいました。すごくおいしくて、パンが進む進む!

Img_1053

お料理は、 若鶏のマスタードソース(\1,200)。あぁ、好きな味!チキンはもちろん、付け合わせもとってもおいしいのです。スープはカブでした。

Img_1054

豚肉の無花果ソース煮(\1,400)。お肉がとっても柔らかくてジューシー。こっくり甘いお味で、これは女性は絶対好きだと思う!

Img_1055

お友達とパン作りのお話や、お料理のお話をしているうちに完食。食べきれなかったパンはお持ち帰りできますよ。

最後にオススメの自家製ベイクドチーズケーキとアップルティーをいただいて。

Img_1056

ごちそうさま♪もう大満足です。帰りに次回の予約もしっかりしてきました^^\

今日お店で購入したパンたち。美しいですねー。Zopf大好きです♪

Img_1095_2 

■お店データ

Zopf http://www.zopf.jp/index.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココアクッキー

Afternoon Teaのクッキーがかわいくて何種類かまとめ買い。ミルクティーサブレがおいしい。ラッピングもかわいいし、相変わらず商売うまいな~、なんて思うと自分でも作りたくなってしまう病気が^^;

でも家にアールグレイの茶葉がなかったので、ココア味のシュクレ生地にチョコチップを入れて、ココアクッキーを焼きました。 ココアのほろ苦さとチョコの甘さがちょうどいい感じです。サクサクッとしたけっこう好きなクッキーができました♪中がしっとりなクッキーはあまり好きではないのです。

Img_1039

味はAfternoon Teaに負けてないかも!?なんて前向きにお菓子を作り続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Zopfの講習会に参加してきました③

今年初のZopfの講習会に行ってきました。

今日はフランス生地の応用編。バケット3本、チョコと栗のリュス2個、ホワイトチョコと苺のリュス2個、ベーコンエピ2個、クッペ3個と今回も盛りだくさん。

Img_1034

前回よりも成型が上手くいかなかったけど、味はそりゃあもうおいしい!しっかりしたクラストにジューシーでもっちりしたクラム。おいしくて止まらない。お料理と一緒にいただきました。

Img_1032_3 

本当に楽しくて、大好きな時間。店長と奥さんにいつもパワーをいただきます。次回は2週間後。楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロワッサン

Img_1012

クロワッサンを作りました。

今回は粉を強力粉(リスドォル)と薄力粉(ドルチェ)を半分ずつの配合。イーストは生イーストです。パン屋さんのクロワッサンのような繊細さは全くないものの^^;、ザックザクの歯ごたえが楽しめるしっかりしたタイプに出来て、私好みの生地にそこそこ満足。でも成形が相変わらずイマイチ。。

またクロワッサンのレッスンに行きたいな~。あっ、今年はフランスに行く予定。あっちで習えないかしら!?短期間のパン留学とか最近あるよね。単発~3日間くらいのお教室があったらいいな。知ってる方ご一報ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の基本 クッキー

普段色んなレシピを試してお菓子を焼きますが、いまいち上手くいかなかった時などは基本に立ち返るようにしています。そんな時、お教室で習ったレシピと同じように使うレシピが、コルドン・ブルーの「フランス菓子 基本の基本」です。

これからお菓子作りを始める方にもオススメです。きっと勉強になるはずです。

フランス菓子基本の基本―ル・コルドン・ブルーに学ぶ

この本の中のパート・サブレ生地で久しぶりにシンプルなクッキーを焼きました。サクサクッと軽くて、好きなタイプの生地。タルトの敷き込みにも使います。

3

お菓子作りの第一歩のイメージのあるクッキーですが、おいしいクッキーを焼くのってけっこう難しいんですよね。色んな型で抜けば見た目も楽しいし、食感にも変化が出ていい感じ。あたたかい紅茶と一緒にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ カノビアーノ@代官山【ランチ】

お正月休み最終日の今日は、代官山のCANOVIANO[カノビアーノ]にランチに行ってきました。今日は4500円のコースを注文。お料理の名前を覚えられなかったので、写真をどうぞ。。

■パン。バケットとライ麦パン。バリッバリのクラストにジューシーで気泡たっぷりのクラム。おいしい。

Img_0359

■しまえびとカラスミの冷製カッペリーニ。酸味の効いたトマトソース。

Img_0360_2 

■前菜:柔らかいタコの上にたくさんのお野菜が目にも鮮やかに盛りつけられています。

Img_0361   

■パスタ:イノシシのラグー フィットチーネ

Img_0362

■魚料理:ふっくら香ばしいお魚の上に、ごぼうやきのこがたっぷり。ソースは里芋って言ってたかな?すごくおいしい!

Img_0363_2

■肉料理:牛のグリル。やわらかい。グリルしたお野菜が散りばめられて美しい。

Img_0364

■デザート:(手前)マスカルポーネが入ったクレープの上に、バニラのジェラートとベリーのソース。(奥)甘みのまったくないキャラメルジェラートの上にブリュレしたカスタード。大人の味。

Img_0366

最後に紅茶をいただいて。あぁ、おいしかった。

にんにくや唐辛子を使わずに素材本来の味を引き出し、やさしいけどインパクトのあるお料理の数々。お野菜のおいしさと言ったら!いつもイタリアンやフレンチは重いから苦手と言っている母を連れていきたいな。カノビアーノのお料理をなら絶対にイタリアンのイメージが変わってくれるはず。

サービスもとても気持ちいいです。ひとつひとつのお料理を丁寧に説明してくださり(なのに料理の内容を覚えていなくてすいません。。そのときは納得して食べました。)、お料理が運ばれてくるタイミングも遅すぎなくてちょうどいい。

心と体に栄養が行き渡るランチでした。今年もおいしいものをたくさん食べるぞー

■お店データ

CANOVIANO http://www.canoviano.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップルポテトパイのレシピ

冬の果物、りんご。この時期、お歳暮なんかで大量のりんごが送られてきたりして、どう消化するかが悩みどころ。生でモリモリ食べれないですよね、なかなか。やっぱり、りんごはお菓子!お菓子にするとおいしさが何倍にも増加します♪

ということで、りんごのお菓子2品。

▼アップルポテトパイ。サクサクパイにスイートポテトとカラメルりんごを重ねて。おいしいに決まっている!女の子は大好きな組み合わせですよね♪りんご2個消化。

Img_0944

パイ生地は今回は市販の冷凍パイシートを使いました。簡単でおいしいので、レシピをご紹介します。

■材料(2台分):

①冷凍パイシート(市販)2枚

②〈カラメルりんご〉りんご2個/グラニュー糖大さじ4/水小さじ2

③〈スイートポテト〉さつまいも1本(約250g)/バター25g/黒砂糖30g(三温糖、上白糖でもOK)/卵黄1個/はつみつ大さじ2~3/ラム酒大さじ1/スキムミルク大さじ1/シナモンパウダーお好みの量

④〈卵液〉卵黄1個/水少々

■作り方

〈事前準備〉オーブンを230℃に予熱を入れる。

①カラメルりんごをつくる。りんごを好みの大きさに切る。

②鍋にグラニュー糖と水を入れ、グラニュー糖をしとらせる。中火にかけてグラニュー糖を溶かし、縁の方が茶色く色づいてきたらここで初めて鍋を揺する。好みのカラメルになったらりんごを一気に加えて、水分がなくなるまで煮絡める。

③スイートポテトを作る。さつまいもは洗って丸ごとラップに包み、柔らかくなるまでレンジにかけ、熱いうちに裏ごしする。

④③のさつまいもに、バターと黒砂糖を加えてよく混ぜる。※さつまいもが冷めているとうまく合わさらないので、裏ごしは急いで!

⑤④に卵黄、はちみつ、スキムミルク、ラム酒、シナモンパウダーを加えて練り混ぜる。

⑥パイシート2枚の表面にフォークでまんべんなく穴を開け、周囲1.5cm程度の余白を残して、四角くスイートポテトを乗せ、その上にカラメルりんごを並べる。

⑦パイシートの余白部分に卵液を塗る。※側面にはできるだけ卵液がつかないように!パイの膨らみが悪くなります。

⑧予熱が終わった230℃のオーブンで20分、180℃に落として約10分焼く。焦げすぎないように様子を見ながら焼き時間を調整してください。ちょっと長めに焼いた方がパイがサクサクして、りんごも焼きリンゴのようになっておいしいです。

⑨粗熱を取って、出来上がり。

Img_0946

ぜひお試しください。

▼りんご対策2品目。定番のアップルパイ。りんご4個消化。。

Img_0934

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンフリカッセとテーブルロール

みなさんのご家族って、パン好きですか?我が家は断然和食ごはん党なのです。なのでパンを焼こうと準備しているとまず止められます^^;しかも、作るパンによってはかなり叩いて音が出るのでなおさらです。パンを作るのが趣味だと知人に話すと、「ご家族は幸せだね」と言ってくれますが、実際は全くそうではありません。うまくいかないものです。が、気にせず作ります。

おせちも大体食べ終わり、そんな和食ごはん党の家族を尻目に、パンを焼きたい!と思い、300回叩いて作る食事用のテーブルロールを焼きました^^

見た目、本当になんでもないパンなのですが、生地がほんのり甘くておいしくて、そしてコロコロした姿がとってもかわいくて大好きなパンのひとつ。

Img_0339

▼レシピはZopfです。本出てます。とっても親切に説明されているし、間違いなくおいしくできるので絶対オススメです!

ZOPFのおうちパン テーブルロール

パンに合わせるおかずには、最近好きでよく使っているお料理のレシピ本「ビストロ仕立てのスープと煮込み」谷 昇著から、チキンフリカッセをチョイス。クリームシチューと具材は同じなのですが、スープがサラサラ。やさしいお味です。

テーブルロールとテーブルロールと同じ生地で作るバターリッチのトーストを添えて。盛りつけ方にセンスがない。。。本のように盛りつければおもてなし料理になります。

Img_0930

▼冬に活躍してくれるレシピ本。市ヶ谷のル・マンジュ・トゥーの谷シェフの本です。作り方がとても詳しく書かれていて、写真もきれいです。

ビストロ仕立てのスープと煮込み―Joie de la cuisine m〓nag〓re (別冊家庭画報)

■お店データ

ル・マンジュ・トゥー http://www.le-mange-tout.com/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今年もよろしくおねがいします。

年が明けまして、2008年。

昨年はたくさんの方々との新しい出会いがありました。このブログにお越しくださっている多くの皆様、本当にありがとうございます。

2008年も出会いや気づきを大切にして、大事に日々を過ごしていきたいと思います。そして、もっともっとお勉強して技術を磨いて、手作りにこだわっていきたいです。

今年もどうぞよろしくお願いします。

▼2007年最後の日のランチに焼いたピザ。なんとなくバタバタしている上に家族が揃ってるこの時期にパパッとできちゃうピザは助かりメニュー。

Img_0889_2 Img_0892

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »