« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

Zopfの講習会に参加してきました⑨

Zopfの講習会に行ってきました。今日はスイートロールの実践講習、なんと!あんぱん36個、メロンパン8個、チョココロネ8個を作りましたよwobbly

いつも通り、お店でパンを購入し、カフェでランチ♪お店には相変わらず行列、カフェも予約で埋まってました。

Img_1767

Img_1768

さあ、おなかも心も満たされたところで、レッスンですrockしかも今日はいつもより気合いが必要。がんばるぞー

分割と成型、みんな必死ですdash「店長~店長~!」とあちらこちらで生徒さんからヘルプの声。店長がそばで手取り足取り教えてくれます。

やっぱりこれだけ数をこなすとだんだんコツを掴んできます。でもコロネは最後まで撃沈でした。。。。焼きあがって店長が作ったコロネと自分のコロネを食べ比べてみると、食感が全然違う。成型でこんなに味に差が出るなんて。。

そして、焼き上がり。私のメロンパンのデザイン、かわいくないですか!?shine自画自賛happy01あんぱんは6種のあんが入っています。Zopfのあんぱん大好き☆

Img_1809_2

Img_1819_2

Img_1822_2

Img_1812

もちろんお料理もあり♪とってもおいしいブイヤベースとチーズ。まだお店に出ていない店長の新作パンを合わせて。

Img_1815_2

両手で持つのがやっとのお土産を手に帰ってきました。作った~っという充実感。成型をもっと手早くできるだけ短時間で仕上げられるように家でも練習しますrock

今日も素晴らしいレッスンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めざせ!ふかふか蒸しパン研究【黒糖蒸しパンレシピ】

きめの細かい、ふかふか蒸しパンを目指して、試作続けてます。

前回の黒糖蒸しパンは味はおいしいけどむっちり感が強すぎ。今回変えてみたのは下記の点。

①ベーキングパウダーを重曹+酢に変えてみた。

②乳化剤の代わりとなりうる気がする卵黄とはちみつを入れてみた。(前回は全卵使用)

③黒糖を増やしてみた。

④オールインミックス製法にしてみた。

結果。。。

Img_1760

いいsign03いい感じにふかふかだhappy02蒸したてはふかふか、冷めると適度にむっちり感が出ました。これはかなり好みの蒸しパンに近い!黒糖を増やしたのに、甘みは強くないし。

自分のメモ変わりにレシピ載せます。

■材料(5個分)

黒糖 100g/薄力粉 75g/重曹 大1/4/卵黄 1個/牛乳 70g/はちみつ 大1/酢 6g

■作り方

①ボールに材料をすべて入れて、電動ミキサー高速で5分泡立て、低速1分できめを整える。

②カップに流し込んで、強火の蒸し器で30分蒸す。

簡単note他の味の蒸しパンでも試してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆず蒸しパン レシピ

パンやお菓子をよく作ってはいるものの、「○○を作って!」と家族に言ってもらえたことはなく、自分が作りたいものを作って半強制的に食べさせる・・・というのが我が家の日常の中、今日ついに弟から「ゆずの蒸しパンが食べたい」とリクエストされたのですup

・・・俄然やる気ですよannoy

ゆず蒸しパンなんて食べたことないけど、、、いやでも、高知産のゆずジャムを購入し、さっそく試作スタート!

そして出来上がり。

Img_1753

リクエストしてくれた弟に食べてもらうと、「そうそう、この味!!」と試作一発目で合格が出ましたbell

どうやら、ヤマザキかどこかから出ているゆず蒸しパンという商品が大好物だったが、近所のコンビニに置かれなくなって寂しい思いをしていたらしい。それで作ってくれとリクエストしてきたのだ。

どっちにしても、誰かに頼まれて作っておいしいと言ってもらえるのって、いつも以上に楽しいですねー。子供とかいたら、毎回こんな感じなのかな。

ゆずピールが爽やかで、蒸しパン生地に良く合っているし、ふわふわ感があるのですが、やはり時間が経つとどうしても堅くなってしまうので、1回分だけを作って、蒸しあがって粗熱が取れたところで食べることをおすすめします。

弟が大好きなコンビニに売っている蒸しパンのようなきめの細かいふかふか蒸しパンにするには、乳化剤の使用が必須です。わざわざ家庭で作るお菓子に添加物を使うのは本望ではないので使いません。

が、手作りをもっとおいしくしたい私としては、代用できるものや方法を探して試作を繰り返してみます。きめが細かく、冷めてもふかふかの、蒸しパン。

私、蒸しパンってあんまり食べたことないのに。。。

とはいえ、一般的に家庭で作る蒸しパンとしてはおいしくできたので、レシピを載せておきます。

------------------------------------------------------------------

■材料 ※5個分

薄力粉(ドルチェ) 75g/ベーキングパウダー 大さじ1/2/全卵 1/2/三温糖 30g/グレープシードオイル(サラダ油) 大さじ1/2/牛乳 50ml/ゆずジャム(ピール入り) 65g

■作り方

① 卵と三温糖をもったりと白くなるまで泡立てる。

② ①に油を少しずつ加えて混ぜ、続けて牛乳を入れて混ぜる。

③ ②に薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるいながら加え、ゴムベラでさっくりと切り混ぜる。

④ 粉が残っている状態のうちにゆずジャムを入れて混ぜる。

⑤ カップに④を流しいれ、蒸気の上がった蒸し器に入れ、強めの中火で20分ほど蒸す。竹串を刺して、どろっとした生地がつかなければ蒸し上がり。

------------------------------------------------------------------

むっちり爽やかな蒸しパン、是非お試しください。

そして、黒糖レーズン蒸しパン。ゆず蒸しパンと作り方と配合を変えて、表面がパカッと割れるタイプに。こちらは材料(薄力粉、黒糖、BP、牛乳、塩)も少なく、全部混ぜて蒸すだけなので手軽なのですが、私にはむっちり感が強すぎかな。(家族には好評でしたが)

Img_1757

しばらく蒸しパンの登場が増えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココナッツのブランマンジェ レシピ

Img_1750

ココナッツ大好きです。暑い夏に食べたい冷たいデザート、ココナッツ風味のブランマンジェを作りました。白色がとっても涼しげですbar

材料を混ぜたら冷蔵庫にお任せの冷やし固めものは手軽さが嬉しいですよねhappy01

基本的なレシピですが、載せておきまーす。

-------------------------------------------------------------------

■材料

A〔粉ゼラチン 4g/水 20ml〕/B〔ココナッツパウダー 40g~50g(お好みで)/グラニュー糖 35g/湯 40ml〕/牛乳 130ml/生クリーム 100ml/バニラエッセンス 10滴くらい

■作り方

① Aの水に粉ゼラチンをふりいれ、ふやかしておく。

② Bを混ぜ合わせる。(湯は少しずつ加えて混ぜる)

③ Bを鍋に入れて弱火にかけ、グラニュー糖を溶かす。60℃で火を止め、①のゼラチンを加えて溶かす。

④ ③の鍋を氷水にあて、絶えず混ぜながら生クリーム程度のとろみがつくまで冷やす。

⑤ ④に生クリームとバニラエッセンスを加え混ぜ合わせ、冷やしておいたグラスに流し入れる。

⑥ 冷蔵庫に入れ、固まったら出来上がり。

-------------------------------------------------------------------

なめらかでぷるんとした仕上がりです。

ぜひお試しください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランベリーとブルーベリーのバケット

Zopfのハーモニッシュ、食べたことありますか?すっごくおいしいんですhappy02

予約しないでお店に行くと、なかなかタイミングよく出会えない人気商品。

そしてお店もかなり遠くてなかなか行けないので・・・真似て作ってみました!ハーモニッシュにはクランベリーとブルーベリーの他にクリチがたっぷり入っているのですが、作る過程でどのタイミングで入れていいのか分からず、今回は入れないでつけて食べることにしましたsweat02

捏ね上がり。ドライフルーツの色合いが綺麗で、おいしい予感!

Img_1738_2

成形。たしかクープは入ってなかったはず・・・。

そして焼き上がり。

Img_1748

店長にがっかりされそうな出来栄えではありますが、味はおいしかったのです。クランベリーとブルーベリーの甘酸っぱさがもっちりとした生地に合う!

そう、店長がいつも言ってます、見た目だけじゃなく、おいしいかどうかが大切だって。

それにしても、オーブンにスチームが入らないからなのか、オーブンの熱が弱いからなのか、釜入れ前の生地が乾燥していたのだろうか、クラストにあめ色の艶がない可哀想な見た目に泣けるcrying

我が家で思い通りのバケットが焼けるようになるのはまだまだ練習が必要です。オーブン変えたばかりなのに、また変えたくなってきた・・・。いや、それより腕を上げることが大切よね、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイートコーンビスケット

Img_1727 

みんな大好きコーンのおいしさを生地に閉じ込めたふんわりビスケットを作りました。ネットでおいしそうなレシピを見つけたので、さっそく試してみることに。

▼レシピはこちらです。素敵なブログですよ♪

http://oryorijikken.blog48.fc2.com/blog-entry-865.html

家に北海道産のスイートコーン(レトルトの軸付とうもろこし)があったので、実を削ぎとってミキサーでペースト状にして。クリーム状のコーン缶を使ってもよさそうgood

食感は外はサクッ、中はふんわり。優しい甘さで、噛むとふわっとコーンの風味が口に広がる素朴なお味。小腹が空いた時に食べたい一品。

混ぜるだけですぐに出来上がり♪他のお料理でコーンが余った時などいいですねhappy01

Img_1725

しっかり食感のスコーンにしてもおいしい予感。我が家にレトルトコーンの在庫はまだまだあるので、とうもろこしのおやつ研究続けてみますpencil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相撲茶屋 佐賀昇@銀座

塩ちゃんこを食べに銀座の佐賀昇へ。おいしいものを良く知る会社の先輩が連れて行ってくれました。

メインの前に、枝豆、鶏の唐揚げ、海老しんじょう、出し巻き卵、揚げ出し豆腐などサイドメニューをいただきました。どれもおいしいです。

そして、お待ちかねの塩ちゃんこが来た!

デケーhappy02

Photo_2 

5人前で直径40cmくらいのお鍋に白菜、もやし、ねぎ、豆腐、鶏団子、豚肉、しらたき、油揚げ等、ボリュームたっぷりshine

いただくときは、ゆずこしょうでいただきます。おいし~delicious好きな塩味!みんなの手が伸びる伸びる。締めはおうどん。最高です~

ちょっと分かりにくい場所にありますが、行ってみる価値大です。

■お店データ

相撲茶屋 佐賀昇 http://gourmet.yahoo.co.jp/0000609262/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ シュシュ@有楽町とフラワーアレンジメント

今日は銀座へフラワーアレンジメントのレッスンに行った帰りに、有楽町マルイ5Fにある「カフェ シュシュ」へ。こちらのパン・ペルデュ・サレが大好きです。

フレンチトーストの回りにたっぷりのサラダ。トッピングでお気に入りは、チキンソテーとアボカド!ボリュームたっぷりです。そして、ドレッシングは4種類が瓶に入って出てきます。私はニンジン&ハニーが1番好き。

Img_0632_2 

やっぱりおいしい!私の好きなモノがいっぱい入ってますdelicious

そして初挑戦のフラワーアレンジメント。これまでやったことないことをしてみたくて、銀座の日本カルチャー協会の体験レッスンに参加してみることに。初回の出来ばえは・・・

Img_0626

これで1000円ですよーwobblyたくさんの素敵なお花を使わせてもらえて、とても豪華な花籠になりましたshineやっぱり難しい~でも楽しい!・・・入会しちゃいました。ふふ。

■お店データ

カフェ シュシュ http://r.gnavi.co.jp/a827408/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

味一ジュレとロータスのカラメルビスケット

高橋雅子先生に教えていただいた味一ジュレとロータスのカラメルビスケット。すっごくおいしくてすっかりリピーターに。成城石井などに売っています。

■味一ジュレ(株式会社早和果樹園) 1個\350

おいしいみかんの果汁を91%も使ったオレンジゼリー。ゼラチンではなく寒天とこんにゃく粉を使っているとあって、食感もまったりとして果汁の濃厚さをしっかり感じられます。

Img_1713

■カラメルビスケット(ロータス) 1袋\315

ベルギーのお菓子。カラメルとシナモンの風味と強めの甘み、薄くてサクッとした食感が好きな感じ。小さめで個装になっているので、仕事中に食べやすいですよwink

080804_1512_2

お試しください♪

■商品データ

味一ジュレ http://sowakajuen.com/html/ajiitijyure.html

カラメルビスケット http://www.plazastyle.com/shopping/06/COK/81/06-COK-0081.html

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

家庭用オーブン研究①

久々の家でのパン焼き。冬に「家だと生地温が上がらなくてうまく発酵が進まないから、パン焼きしない!」と暴言を吐いたままもう真夏ですsweat01

今日は思い立ったので、前から我が家の下火の弱い、あまり出来の良くないオーブンで試してみたかった焼き方をしてみました。

それは、天板代わりに銅板を使用する方法。これまでは温めた天板の上に銅板を置き、その上に生地を置いて焼いていました。やはり天板だけより銅板を入れるとグッと仕上がりが良くなり、効果を実感していましたが、そもそもセラミック製の厚い天板は必要なのか?熱の伝導率を下げてはいないだろうか?と思ったので、ならば銅板だけに。

しかし、銅板は天板に乗るサイズで作ってしまっているために、オーブンの幅に合わない。適当なものが見つからず、ケーキクーラー(高温でも形状に変化なしでした。)の上に銅板を乗せ、予熱であらかじめ温めて生地を入れてみました。

■テーブルロール生地

Img_1703_2

バターロールの生地に砂糖とバターを乗せて焼いたシンプルパン。銅板を予熱で温めていたせいか火の通りが良く、レシピでは焼成時間13分のところ、10分で焼きあがってしまいました。いつもより軽い感じ。生地に糖分が入っていたのもあるでしょうが、底面にもこんがりとした強めの焼き色が。効果あったのかな?

次にハード系のパンを試してみました。

Img_1707

我が家のオーブンでは、銅板を使わないとこんなにクープは開かないです。ちょっと過発酵だったかも。焼き色が薄いです。やっぱりハード系のパンを家で満足に焼くのは難しい。Zopfのお教室で焼いたバケットは濃いきつね色で肌がツヤツヤでバリッバリで。あんなバケットを焼きたい!

こうしてまだまだ研究は続くのです。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

賛否両論@恵比寿【3回目】

賛否両論に行ってきました。今回はパン教室の大好きな方々と。

今回も5000円のコースです。全10品のお料理、写真をどーぞー。

■ごま豆腐

011

■かぼちゃの揚げまんじゅう

009

■たこと夏野菜

008

■お造り

007

■ハモのお椀

010

■鮎一夜干し

006

■焼トウモロコシの茶碗蒸し

003

■いぶりがっこ

004

■鯛めし

005

■デザート5種(好きなだけいただけますが、私はいつもここまででお腹がいっぱい。)

002

001

満腹です。おいしかったし、楽しかった~happy01また季節が変わる頃に行きたいと思います。

■お店データ

賛否両論 http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13001542/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »